1963    キャタピラー三菱設立

1965    CAT D4D ブルドーザ国産第一号機完成

1979    相模工場、生産台数100,000台を達成。秩父デモセンターを秩父市に開設

1986    新キャタピラー三菱発足に先立ち、明石に油圧ショベル設計センターを開設

1987    キャタピラー三菱、明石製作所の後身と合併。新キャタピラー三菱として、新たにスタート。オリジナル開発の油圧ショベルCAT E200B 新発売

1989    明石工場が油圧ショベル生産台数100,000台を達成

1990    相模・明石両事業所を設立

1992    世界統一仕様のCAT300ファミリー油圧ショベル「REGA」を新発売。明石に、油圧ショベル開発・設計の新拠点設計センタービル完成

1993    本社を東京・用賀に移転

1996    油圧ショベル「REGA」Bシリーズを新発売

2000    油圧ショベル「REGA」Cシリーズを新発売

2001    CATミニ油圧ショベルを新発売。CAT 300ファミリー油圧ショベルが販売累計150,000台を達成

2002    相模事業所、生産台数300,000台を達成

2003    相模に相模開発センターを開設

2004    オリジナル開発のミニホイールローダ CAT 901B/902B/903B新発売

2005    油圧ショベル「REGA」Dシリーズを新発売。新世代環境対応型エンジン「ACERT」搭載建機を新発売

2007    相模事業所、トラクタ生産台数300,000台を達成

2008    明石事業所、油圧ショベル生産台数300,000台を達成。社名をキャタピラージャパンに変更

2012    Caterpillarがキャタピラージャパンを単独所有

2017    新しい設計思想に基づくテクノロジーを標準装備した次世代Cat油圧ショベルを世界に向けて明石より出荷開始

2017    本社を横浜に移転