最も古い高速道路の1つの建設

1938年、ハリスバーグ、ピッツバーグ、フィラデルフィア、およびペンシルバニアをつなぐ総工費61,000,000ドルのコンクリート製の分割4車線高速道路の建設が開始されました。この高速道路を現在建設すると、なんと1,044,303,055ドルもかかると言われています。

このペンシルバニアターンパイクと呼ばれる道路は、進入制限のある世界最初の高速道路です。この高速道路は、有料道路のノンストップ交通の新しい実験として建設されました。全線を通じて平面交差がなく、地域の交通車両は進入できませんでした。

道路建設はアレゲーニー山脈を通り抜け、最大勾配を3 %に抑えて危険な山中での運転がなくなるように、トンネルは全長8マイルに及びました。作業には172台のCAT®ドーザ、17台のモータグレーダ、2台のエレベーティンググレーダ、23台の発電装置が使用されました。

1940年に開通したペンシルバニアターンパイクは、当初は全長160マイルでしたが、現在では550マイルを超えています。当初は速度制限がなかったのも面白い点です。この道路の成功は、後に米国全土に張り巡らされる他の多くの有料道路の先駆けになりました。

ペンシルバニアターンパイクを建設しているCAT®機械(1938年)
/

ペンシルバニアターンパイクを建設しているCAT®機械(1938年)

ペンシルバニアターンパイクに入るトンネル(1940年)
/

ペンシルバニアターンパイクに入るトンネル(1940年)

ペンシルバニアターンパイクを建設しているCAT®機械(1938年)
ペンシルバニアターンパイクに入るトンネル(1940年)