ドイツにおけるCaterpillar

歴史

ドイツにおけるCaterpillarの歴史は古く、Bucyrusや他の組織の買収を通じて、ドイツ国内で180年以上にわたりその存在を示してきました。

1826年、Eisenhütte Westfaliaは世界の鉱業界に対する最初のサプライヤとなり、Caterpillar Global Mining Europe GmbHとCaterpillarの長壁坑内採掘グループの中核となりました。その40年後の1866年、ある兵器廠が産業向けの生産に乗り出し、MaK Maschinenbau Kiel GmbHに発展しました。1997年にCaterpillarに買収された現在のCaterpillar Motoren GmbH & Co. KGは、船舶、石油およびガス、発電機向けの中速のディーゼルエンジンとガスエンジンメーカーとして世界的に認められています。1871年に自動車業界のパイオニアであるCarl Benz氏によって設立されたMWM(Motorenwerke Mannheim)は、2013年11月1日をもってCaterpillar Energy Solutions GmbHに改称されました。Caterpillar Energy Solutions GmbHは、大型エンジンおよび発電機の開発と生産に特化したCaterpillarのEnergy & Power Systemsグループの一部です。1893年、O&K, Orenstein & Koppelが、蒸気式油圧ショベルを製造するドルトムント工場を開設しました。現在、Caterpillar Global Mining HMS GmbHは大型の採掘用油圧ショベルを製造しています。1992年に、Caterpillarのホイール式油圧ショベルの開発と製造を行う合弁会社として、EDC European Excavator Design Centerが設立されました。EDCは2006年にCaterpillarの子会社となりました。ヴァッカースドルフにある施設では、10 ~ 25トンのホイール式油圧ショベルと履帯式油圧ショベルの開発と整備を行っています。

ドイツのCaterpillarグループは成長を続けており、新たにバードデュルクハイムのProgress Rail ServicesとハーゲンのElectro Motive Diesel Ltd.が加わりました。Progress Rail Servicesは、鉄道業界向けのサービスおよびソリューションプロバイダとして2006年に買収されました。2010年には、Electro Motive Diesel Ltd.がProgress RailとCaterpillarの一部になりました。Electro Motive Diesel Ltd.は世界的な鉄道貨物産業および鉄道輸送産業向けのサービスや機械に加えて、国内の船舶産業向けのエンジンやサービスを提供しています。現在、Caterpillarはドイツで約3,900名の従業員を擁しています。

主要拠点

主要オフィス: ヴァッカースドルフ
製造: ドルトムント、リューネン、キール、マンハイム、ロストク
ビジョン

Caterpillarのビジョンは、環境的に持続可能な方法で、すべての人々の基本的ニーズ(住居、きれいな水、公衆衛生、食料、安定した電力など)が満たされる世界にすることです。

ドイツにおける製品とサービス

製品

  • 坑内採掘用の長壁採掘システム
  • 硬岩採鉱機器
  • 採掘用油圧ショベル
  • 船舶、石油およびガス、発電機向けのディーゼルエンジンと2系統燃料エンジン
  • ガスエンジンと発電機
  • ガスタービン発電所とコジェネレーション発電所
  • ディーゼル電気機関車
  • 鉄道点検システムおよび鉄道情報システム

Caterpillar Financialは、土木建設機械類やディーゼルエンジンにおける世界的リーダーであるCaterpillar社のグローバル金融会社であるため、国際ネットワークの一部になっています。Caterpillar Financial Services GmbHは、ミュンヘンに近いイスマニングのオフィスから、ドイツ、オーストリア、スイス、チェコ共和国、スロバキア、フィンランド、バルト諸国、ハンガリー、ブルガリア、ギリシャ、キプロス、イスラエルの市場にサービスを提供しています。Caterpillarのディーラ組織と緊密に連携し、お客様にリースソリューションや金融ソリューションを提供しています。

Caterpillarの支店(ミュンヘン、イスマニング)
このCaterpillar支店は、90年以上も前に構築されたCaterpillar流通システムの一部です。ドイツ、オーストリア、スイス、チェコ共和国、スロバキア、フィンランド、バルト諸国、ハンガリー、ブルガリア、ギリシャ、キプロス、イスラエル全体で、Caterpillarの製品、製造、販売およびサポート部門とCatディーラ間の主要な接点としての役割を果たしています。この支店のチームは、Caterpillarの製品、サービスおよび販売ポートフォリオの流通に加えて、レンタルや中古販売事業もサポートしています。この支店は、継続的改善プロジェクトの取りまとめ、基準の設定、各ディーラにおけるCaterpillarの基準の維持などを担っています。

ドイツのCatディーラ

Zeppelin Baumaschinen GmbH
Graf-Zeppelin-Platz 1
85748 Garching
電話: +49 89 32 00 00
メール: zeppelin-cat@zeppelin.com
ウェブ: www.zeppelin-cat.de

CaterpillarとZeppelinは、1954年にドイツのCatディーラとしてZeppelinが指名されて以来、緊密な協力関係を築いてきました。Zeppelin Groupは、建設機械、レンタル、発電システム、エネルギー市場向けのソリューションを提供しています。Zeppelinはドイツ国内の110を超える拠点において、ドイツ市場で増加を続けるCat製品を専門に扱っており、Caterpillarのお客様に優れたサービスやサポートを提供しています。

ウェブサイト

主な施設

ドイツにおけるCaterpillar