オーストラリア

1955年、Caterpillarはオーストラリアにおける事業を開始しました。設立時のオフィスは貸しオフィスでした。1957年、Caterpillarはメルボルンにモータグレーダ製造施設を開設しました。今では、Cat®、FG Wilson、Perkins、Solar、EMDなどのCaterpillarブランドが、一般土木、マイニング、石油およびガス、船舶、発電機、行政および防衛、林業、廃棄物、採石および骨材、舗装およびテクノロジなどの主要な産業セグメントにおいて、現地のお客様に製品やサービスを提供するに至っています。

現在、Caterpillarテクノロジのサブジェクトマターエキスパートが、オーストラリア全土の採掘現場で自律型および遠隔操作型の採掘機械に取り組んでいます。部品は、メルボルン流通センター(ヴィクトリア)とクイーンズランド流通センターから現地のお客様に配送しています。

Caterpillarの現地チームが現地のCat®ディーラやCat Financialと連携し、世界トップクラスのサービスの提供および現地のお客様のサポートを展開しています。

主要拠点

部品流通: メルボルン、クイーンズランド

製造: リベスビー、レッドバンク、カーディフ、パース

CAT®製品

CAT製品ラインは300を超える機械から構成されており、業界の標準を打ち立てています。

Cat.comで詳細を見る
CATのロゴ CATのロゴ

Cat®ディーラ

Catディーラは、現場レベルのソリューション、サービス、サポートを提供することで、お客様が業務の効果を最大限引き出し、最大の成功を実現できるよう取り組んでいます。

最寄りのディーラを検索する

沿革: オーストラリアにおけるCaterpillar

  • 1913年: Holtブルドーザの真価を証明するべく、Holt Manufacturing Companyの代表団がオーストラリアに来訪
  • 1949 ~ 1974年: Caterpillar製機械が、史上最大規模の土木事業であったスノーウィーマウンテンズ水力発電計画において、建設を支援。
  • 1955年: Caterpillar of Australiaを設立。
  • 1956年: オーストラリアの主要なスポーツイベントの会場準備において、何百台ものCaterpillar製機械が稼働。
  • 1967年: Caterpillar製機械およびエンジンが、ニューマン山とポートヘッドランド間の256マイルに及ぶ鉄道の建設に従事。
  • 1980年台: 国土全体にわたり工業化が進展する中で、何千台ものCaterpillar製機械を鉱業会社に販売。
  • 1995年: 炭層ガスを動力源とする94台のCaterpillar G3516発電装置をニューサウスウェールズのアッピン炭鉱およびタワー炭鉱に設置。この世界最大規模の炭層ガスエネルギー事業では、1日に437トンのガスが生産された。
  • 2012年: 鉱業用機械において、記録的な出荷台数1,437台を達成