米国でも有数の歴史あるメーカーであるCaterpillarは、1925年から米国と世界中のお客様に貢献している米国企業であることを誇りに思っています。

Caterpillarは世界各地で製造を行って世界中のお客様をサポートしていますが、その中でも雇用者数が最も多いのが米国です。Caterpillarは、全米25州60か所以上の主要拠点と国内全土にまたがるディーラネットワークを擁し、米国のインフラストラクチャを支える一翼を担っています。この1世紀の間にこのインフラストラクチャの構築を手がけることができて光栄に思っています。

  • 主要拠点: 60か所*
  • 米国内の従業員数: 42,200名*
  • 米国における輸出額: 直近の5年間で660億ドル
    * 出典: 2018 10-K

Caterpillarは米国を代表する輸出企業で、Caterpillarが国内で雇用する従業員は、世界中に出荷される製品の製造に従事しています。米国内のいくつかの施設は、世界中で販売される以下のような製品の唯一の製造拠点となっています。

  • 大型ブルドーザ(イリノイ州イーストピオリア)
  • 大型鉱業用トラック(イリノイ州ディケータ)
  • 大型モータグレーダ(アーカンソー州ノースリトルロック)
  • ガスタービン(カリフォルニア州サンディエゴ)
  • 最小型ブルドーザ(ジョージア州アセンズ)