ブラジル

Caterpillarは、1950年代初頭からブラジルのインフラストラクチャ開発の一翼を担っており、ブラジルの大規模土木業界の変革を支援してきました。Caterpillarは主要輸出業者として、製造施設、部品流通、金融サービス、マーケティングおよびデモンストレーションセンターを含む強力な地盤を地域に築いてきました。

当社のブラジルの拠点では機械やエンジンを製造しており、そのモデル数は260を超えています。ブラジルで製造される機械やエンジンとしては、油圧ショベル、ブルドーザ、ホイールローダ、モータグレーダ、バックホーローダ、コンパクタ、発電機、Solar Turbines製品、当社EMDブランドの電気ディーゼル機関車、Perkinsエンジンが挙げられます。

国内に5,000人以上の従業員を擁するCaterpillar Brasilチームは、社会的責任、環境、世界中のお客様のために高品質の製品やサービスを生み出すことに情熱を持った、非常に熱心なチームとして知られています。

主要拠点

主要オフィス: ピラシカバ

部品流通: ピラシカバ
再生: ピラシカバ
製造: カンポラルゴ、ピラシカバ、クリティバ、オルトランジア、セッテラゴアス