創設者の紹介

19世紀末、馬が農業の主力だった頃、カリフォルニアの農場主はもっと効率のよい新しい作業方法がないか探していました。輸送分野のイノベーションに刺激を受けたBenjamin Holtは、農場主が馬よりも高い生産性、低いコストで長時間作業できるように、1890年に蒸気式のトラクタを発明しました。蒸気式の機械が農業用途に普及する中、Holtはお客様の課題に応えるためにイノベーションを続けました。Holtの作った蒸気式の巨大な機械には、カリフォルニアの柔らかい土壌にホイールが埋まってしまうという問題がありました。この問題を解決するため、1904年、Holtは自社の古いホイールトラクタに履帯を付けました。初の実用「Caterpillar」の誕生です。 

Holtは初めて商業的に成功した履帯式の機械の開発で有名でしたが、ライバルのC.L. Best Tractor Companyは別のアプローチをとり、初期のガソリンテクノロジに力を入れることで、お客様のニーズに応えました。テクノロジ面の改善により、製品の信頼性と性能は向上しました。Bestの革命的な足回り設計は非常に先進的で、機能のいくつかは現在のCaterpillar製トラクタのDNAの一部として残っています。  

/

当初はBest 60として販売したCaterpillar 60ブルドーザは、弊社の最も成功したブルドーザの1つになりました。そのエンジニアリングにおけるイノベーションは、現在のCATドーザのDNAにも見ることができます。

/

1904年の感謝祭の日に試験中のBenjamin Holtブルドーザ試作機No. 77。

/

履帯を付ける前のホイール式蒸気トラクタNo. 77(1900年代初頭)。

/

鋤を引くBest Manufacturing Companyの蒸気トラクタ(カリフォルニア、1900年頃)。

/

写真に写っているBest Manufacturingのモデルのように、一部の蒸気トラクタは地面に沈み込むのを防ぐために非常に幅の広いホイールを付けていました。

/

弊社の起源についてのストーリーは、1904年にトラクタからホイールが取り外された日から始まります。Holtが初めて商業的に成功したブルドーザを発明し、「Caterpillar」という名称の由来となりました。

当初はBest 60として販売(1919年)
1904年の感謝祭の日に試験中のBenjamin Holtブルドーザ試作機No. 77。
履帯を付ける前のホイール式蒸気トラクタNo. 77(1900年代初頭)。
鋤を引くBest Manufacturing Companyの蒸気トラクタ(カリフォルニア、1900年頃)。
写真に写っているBest Manufacturingのモデルのように、一部の蒸気トラクタは地面に沈み込むのを防ぐために非常に幅の広いホイールを付けていました。
Caterpillarの起源についてのストーリーは、トラクタからホイールが取り外された1904年の感謝祭の日から始まります。

Benjamin Holt

Benjamin Holtは、当時の革新的な機械に魅了された、とても興味を引かれる人物です。自身も発明者であったHoltは、45件を超える特許を取得しましたが、彼の最大の発明は初めて商業的に成功したブルドーザです。ブルドーザは、現在もCaterpillarの製品ラインの1つです。

全文を見る

C.L. Best

Holtの最大のライバルがC.L. Bestでした。彼はエンジニアに優れた才能を発揮し、その傑出した機械により「ブルドーザのHenry Ford」の異名をとりました。

Cat.comで詳細を見る