Caterpillar Ventures、LiDARシステム用次世代レーザー・アレイに投資

Caterpillar Ventures、LiDARシステム用次世代レーザー・アレイに投資

Caterpillar Venturesは本日、Cottonwood Technology Fundsを通じ、TriLumina Corp.への投資を行うと発表しました。TriLumin社は、次世代のレーザー・アレイを開発していますが、これは、産業における自動化や車両のドライバ・モニタリング・システムに使用されている光検出と測距(Light Detection and Ranging: LiDAR)システムに不可欠なコンポーネントです。TriLumina社は、LiDARコンポーネントのコスト削減、サイズ縮小の両面で成果を上げ、その応用範囲を広げ、お客様に大きな価値をもたらすことができると目されています。

Cottonwood Technology Fundsを通じたTriLumina社への投資により、Caterpillar社が現在提供しているLiDAR製品のラインアップがさらに広がることが期待されています。

Caterpillar Venturesについて:

Caterpillar Venture Capital Inc.(Caterpillar Ventures)は、Caterpillar社の有する産業に関する専門知識や供給基盤、独立したディーラ・ネットワークを活用し、世界中の起業家の成長・拡大を支援しています。これは、より良い未来のための現在を築いてゆくことが目的です。Caterpillar Venturesは、当社のお客様の成功を後押しするため、分散給電やアナリティクス、ロボット工学、積層造形、ビジネス・モデル等の分野における投資を重点的に行っています。Caterpillar Venturesは、建設/鉱山用機械、ディーゼル/天然ガス・エンジン、産業用ガス・タービン、ディーゼル電気機関車などの製造で世界をリードするCaterpillar社の完全子会社です。詳細については、caterpillar.com/venturesをご覧ください。

TriLumina Corp.について:

半導体レーザー製造企業であるTriLumina社は、 高速で強力かつ低コストの半導体レーザー製品を多数開発してきました。これらは、車両が状況を把握し、考え、予測し、反応することを可能にするものです。TriLumina社は、ドライバ・モニタリングのためのセンシング・アプリケーション分野での、車両向け固体レーザー・レーダ(LiDAR)テクノロジとスマート照明製品に注力しています。TriLumina社のレーザーはプラットフォーム・テクノロジであり、その使用範囲は自動車にとどまらず、ロボット工学や産業、家庭での用途に使用される3D深度感知、ヒューマン・マシン・インターフェイス、赤外線感知等にも広がっています。 詳細については、www.trilumina.comをご覧ください。