Suzette M. Long

Suzette Longは、Caterpillar社の最高法務責任者、総合法務顧問兼コーポレートセクレタリ。法務、セキュリティ&社会政策部門(渉外法務サービス、コンプライアンス、グローバルトレード、グローバルセキュリティ、グローバル政府案件および企業案件を含む)を統括。

2004年、法務部門弁護士としてCaterpillar社に入社。シニア企業弁護士の役職を歴任し、2011年、副法律顧問に任命された。2013年、Legal Services Divisionの法律顧問代理に就任し、EHS、製品規制、調査グループを統括。2015年エネルギー&輸送事業の法的サポートを統括する法律顧問代理に就任。2017年2月に暫定エグゼクティブバイスプレジデント、2017年6月に法務および社会政策担当、コーポレートセクレタリに就任。2017年8月より現職。Caterpillar社に入社前は、Gallagher & Kennedy(アリゾナ州フェニックス)所属弁護士。

アリゾナ州立大学で学士号および法律の学位、アリゾナ大学で修士号を取得。スタンフォード大学経営学大学院を通じてCaterpillarエグゼクティブリーダーシッププログラムを修了。

バイスプレジデント

Kathryn D. Karol Caterpillar社のバイスプレジデント。グローバル政府案件および企業案件担当。

Thomas J. Bluth  Caterpillar社のバイスプレジデント。 Legal Aftermarket Support担当。