COVID-19に対するCaterpillarの対応

 

最終更新日: 2020年3月30日

COVID-19のパンデミックに関連する事象は急速な広がりを続けています。自社のチームやその担当コミュニティの安全、健康、福祉に対するCaterpillarの献身と奉仕は依然として強固なものです。この未曾有の時期においても、多くの政府が、当社の業務をはじめとする複数の業務を重要なインフラストラクチャにとって不可欠な活動であると分類しています。お客様はCaterpillar製機械、エンジン、パーツを使用することで、病院、食料品店、データセンターに予備電源を供給したり、食品や重要な物品を道路、鉄道、船舶で輸送したり、エネルギープロバイダにとって不可欠なコモディティの採掘や燃料の抽出を行ったりすることができます。Caterpillarは、困難な時期に業務を遂行するうえで必要な製品やサービスをお客様が滞りなく利用できるようにサポートを続けています。

Caterpillarは、自社の従業員を保護しながら、各従業員が世界中のニーズに引き続き応えられるように、適切な予防措置を講じ、安全対策を実施していきます。共同で利用するエリアに特別な注意を払いながら、施設を清掃、殺菌する頻度を増やし、ソーシャルディスタンスを保つ慣行に従うほか、特定の規制要件や保健機関からの指導に合わせた他の方策も実施していきます。

当社従業員の直接的な努力に加え、十分に支援を受けられていない人々を含めウイルスの影響を受けたコミュニティをサポートするために、Caterpillar Foundationは850万ドルを拠出します。この資金拠出の趣旨は、国連財団、世界保健機関の連帯対応基金と協同して、世界の最も切迫したニーズを支援しグローバルなインパクトを与えることです。同時に、当社は地域のコミュニティを支援していきます。各施設を通じて、地域の慈善事業に寄付を行い、何百万食もの食事を必要な人々に提供するなど、身近な地域に最大のインパクトを生み出せるよう努力していきます。

さらに、Capterpillar Foundationは、複数の組織と協同して、病院、医療スタッフ、患者にリソースを提供するほか、学校の閉鎖により影響を受けた子供たちに、オンラインを通じたSTEM教育、コーディング教育を提供します。また、Capterpillar Foundationは、既存の米国マッチングギフトプログラムを拡大し、こちらのプログラム条件に従って、2020年3月16日から5月1日の間に従業員や退職者から寄せられた寄付に対して2:1の上乗せをしたうえで、資格のある非営利団体に寄付を行います。これらのギフトにより、当社の関係者は強く関心のある組織に対してより多くの寄付を行うことができ、今回のパンデミックに際して自身が変化をもたらしていることを実感できます。

今後、当社は状況の綿密な監視を継続し、緊急性をもって対処していきます。Caterpillarは、100年近くにもおよぶ歴史のなかで、さまざまな困難に直面し、それを克服してきました。この前例のない時期において、世界中の献身的な従業員やディーラが継続して最善を尽くし、お客様に、そして国際社会のニーズに奉仕していきます。

不可欠なインフラストラクチャに関する世界中のニーズに応えるために生産や流通を維持したり、当社の施設や同僚の安全を保持したり、お客様をサポートするために業務に継続して当たったり、仕事や生活の本拠となる地域の重要なニーズに地域の慈善団体が奉仕できるように支援したりすることでコミュニティをサポートする業務に従事しているすべての従業員に対し、感謝の意を表します。

Cat®カスタマリソース

影響を受けた事業のサポート

コロナウイルスの影響を受けた事業をサポートします。該当する場合は、利用できるオプションをご確認ください。

詳細については、CatFinancial.comをご覧ください。

Cat®ディーラサポート

各地域のCat®ディーラでは、製品、サービス、またはパーツを提供することで、業務の遂行をサポートする体制が整っています。

最寄りのCatディーラを探す