リーダーシップ&技術能力開発プログラム(LTDP) - 生産工学トラックは3年間のプログラムで、個人の育成ニーズに合わせて3つの任務に挑戦します。このコミュニティには、生産エンジニアリング、技術サービス、設備計画、品質エンジニアリング、購買、およびCaterpillar Production Systemの導入が含まれます。

このプログラムでは、機械加工、組立て、プロセスエンジニアリングまたは製造に重点を置き、生産エンジニアリングにおける1年間のローテーション任務を2つ経験します。また品質、購買、サプライチェーン管理、ロジスティクスなど、部門をまたぐ分野における1年間のローテーション任務を経験します。各ローテーション期間中、コア分野およびトラック固有のトレーニング、コーチング、メンタリング、専門分野開発の機会を通じて、技術スキルを育成します。最後のローテーションを終えると、最終的な任務のために採用組織に戻ります。

当社では、次のようなエンジニアを求めています。

  • 最低GPA: 4.0スケールで2.8(四捨五入なし)
  • 学士号を取得している(次のものが推奨されますが、これに限定されません): 生産エンジニアリング、生産エンジニアリング技術、生産システム工学、産業工学、機械工学、運用管理
  • テクノロジに対する情熱がある
  • ローテーション任務に応じて転勤に対応可能である
最近、生産エンジニアリング能力開発プログラムを終えたCariethaが、このプログラムでの自身の経験について語ります。

生産工学トラックの情報カタログ