施設内または現場のすべての部分をつなげる

溶接は当社製品を製造する鍵であり、成功するためには優秀な人材が必要です。エンジニアリングローテーション能力開発プログラム(ERDP) – 溶接トラックでは、設計、故障解析、製造サポート、自動化、品質管理、研究開発、購買、再生、および製品サポートに重点を置いています。

プログラム期間中、1年間の任務をローテーションで3種類経験し、キャリアを成長させ、発展させます。ローテーションの任務には、研究開発、設計と分析、構造テスト、自動化、施設溶接エンジニアリング、運用監督、購買、企画と仕様などがあります。プログラムを終えると、米国内のいずれかの施設に配属されます。

当社では次の要件を満たすエンジニアを探しています。

  • 最低GPA: 4.0スケールで3.0(四捨五入なし)
  • 学士号を取得している(次のものが推奨されますが、これに限定されません): 溶接工学、溶接工学技術、機械工学、産業工学、冶金工学、材料科学
  • 溶接プロセスの実践的な経験または知識がある
  • 転勤に対する前向きな意欲がある
現在、LTDP - 溶接工学トラックに参加しているTomが、このプログラムでの自身の経験について語ります。

溶接工学トラックの情報カタログ