重要なものを構築し、それをさらに良いものにする。

社員は当社の製品の製造、およびそれに付随するすべての材料を改良するための鍵です。このエンジニアリングローテーション能力開発プログラム(ERDP) - 冶金工学トラックでは、金属/セラミック部品、製造、組立てにおける材料、テクノロジ、およびプロセスに重点を置いています。研究開発や製品エンジニアリング、製造、サプライヤ開発チームと協力して、改善とソリューション作成を行います。

プログラム期間中、キャリアを成長、発展させる任務をローテーションします。まず製品エンジニアリング、故障解析、研究または開発に18ヶ月を費やします。その後、さらに18ヶ月をプロセスエンジニアリング、熱処理、鋳造、コーティング、サプライヤ開発などに費やします。プログラムを終えると、米国内のいずれかの施設に配属されます。

当社では次の要件を満たすエンジニアを探しています。

  • 最低GPA: 4.0スケールで3.0(四捨五入なし)
  • 冶金工学または材料科学&工学の学士号または修士号を取得している
  • 強力なコミュニケーションスキルがある
  • 転勤に対する前向きな意欲がある
現在、LTDP - 冶金工学トラックに参加しているAshleyが、このプログラムでの自身の経験について語ります。

冶金工学トラックの情報カタログ